2014年05月19日

芍薬の白花

満開に開かない花びらが特徴なのかもねえ。

真っ白い花に薄い赤のライン僅かですが入っている、清楚な白が美しい八重咲きの芍薬 「氷点」 やっと咲きましたわ。
それも2輪、咲き始めて一週間、毎日朝、昼、晩と カメラを片手に観察、一輪はもう満開と思っているけど花芯が見つからないのねえ、だけどしっかり真っ白、気品があります。
これで今年の芍薬は終わりでしょう、花の命は短い。

清楚な白が美しい八重咲きの芍薬 「氷点」 2輪やっと咲きました。
20140519-1.jpg(2014.5.19撮影)

20140519-2.jpg(2014.5.19撮影)

咲き始めて一週間、真っ白い花に薄い赤のライン僅かですが入っています。
20140519-3.jpg(2014.5.13撮影)

20140519-4.jpg(2014.5.13撮影)



探していた芍薬の苗を見つけました。

大船の神奈川県立フラワーセンターの直売所にて、ほしかった芍薬の咲き終わった苗を見つけました。

ちょっと貧弱ですがどこにも見当たらないので嬉しかったですねえ、 合計4鉢、来年は美しく咲くであろう期待をかけて植えました。

黄色い八重の牡丹「金晃」と芍薬「花香殿」の一代交配種「オリエンタル・ゴールド」、蕾の付いた八重の真白な「氷点」、細葉の深紅の一重咲き「糸葉」、薄いピンクの一重咲き「満州山」。

一番まともなのは、これから咲く予定の氷のような真っ白い花のつぼみ。ちょっと先になりますが見事に咲いてくれたらアップしたいと思います。

楽しかったのは 可愛い枝ぶりの良い小手毬の白い花にはお値段がついていませんでしたので、
「すみません、この花はいくらですか?」 「いくらだったら買うの??」 「もうたくさん買ったので軍資金がないんですよおおお、100円だったら嬉しいですけどねえ」 「えっ??100円??仕方ないねえ、持っていきな!!」 「じゃあ、2個お願いします」 「えっ??2個も??」  てな訳でちゃっかりとゲットです。

紫蘭の横に植えましたが色のバランスがとても素敵です。


タグ:四季の花

【芍薬】カテゴリーの最新記事

posted by 趣味の園芸 at 07:51 | 芍薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。