2015年04月25日

パッションフルーツ栽培苗の植え付けと緑のカーテン仕立て2015

パッションフルーツの緑のカーテンは次のような特長があります。
  1. 成長が早いので、一夏で“緑のカーテン”ができる。 7〜8月に緑のカーテンにするには1.5m以上の大きな苗を。小さな苗では9〜10月にカーテンになる。
  2. 光沢のある緑の葉がきれい。枯れた葉がほとんど発生しない。
  3. 病気・害虫の発生がほとんどない。無農薬栽培が出来る。
  4. 花がきれい。その花の形状から「果物時計草(クダモノトケイソウ)」とも云われている。
  5. 果実がたくさん成る。卵形の青い果実は熟するときれいな赤紫色に変わる。
  6. 果実は、甘味・酸味があり、ジュース、ジャムなどの加工品としても良く知られている。
2015緑のカーテン1.jpg

2015緑のカーテン2.jpg(2015.4.25)
2年生苗x3本+1年生苗x7本の計10本を植え付け。1年生苗は去年6月中旬に挿し木し、室内で越冬、2m〜2.5mに成長したものを3号ポットから6号鉢に植え付け。

2015パッションフルーツ.jpg
3年生苗の行灯仕立て。10号鉢。

【育て方・肥料・水やりのポイント】

  • パッションフルーツの栽培期間は、一般的に3〜4年(寿命は7年前後)とされています。たいていは、株元が張り裂けてきて水分を上手に吸水できないようになりその生涯を終えます。4年経ったら来年用の苗を挿し木で育苗し、翌年新株に更新すると良いでしょう。
  • パッションフルーツは、新しく伸びた新枝に花芽が付きます。花芽は日中の温度が20℃前後になると付き、更に日中の温度が20〜25℃になると蕾が開花します。
  • 30℃以上の気温が続くと、高温障害を起こし、花芽や未熟果を落下させることがあります。花芽が付いても黄色くなって落ちてしまいますので真夏には花が咲かなくなります。
  • 新枝が大きく展開した後は、チッ素肥料を減らしリン酸分の多い肥料に切り替えることが花芽をつけやすくするポイントとなります。
  • 水やりは、基本的には鉢土の表面が乾いたら行ないます。気温が高くなる7〜8月は、株も旺盛に生育を始めるため、1日2回は水やりするようにします。


【緑のカーテン】カテゴリーの最新記事

posted by 趣味の園芸 at 15:24 | 緑のカーテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

サムネイル付き関連記事の表示:LinkWithin(seesaaブログ)

ブログパーツ「 LinkWithin 」は、ブログ記事の関連記事を画像サムネイル付きで表示してくれる便利なパーツ(Web widget)です。プラグインを使わずに簡単な設定で、表示している記事に自動でサムネイル付きで関連記事を表示してくれます。
Wordpress は関連記事プラグインが沢山あるので、Linkwithin は使いませんが、Seesaa や FC2、So-net、Ameba、Google Blogger などの無料ブログは Linkwithin が簡単で便利です。

【設置手順】
  1. 公式サイト「 LinkWithin 」からリンク用コードを入手
  2. そのコードをブログの「記事」HTMLに貼り付け
【設置方法】
「 LinkWithin 」からリンク用コードを入手
  1. 公式サイト「 LinkWithin 」から、ブログパーツのリンク用コードを入手します。画面右の入力欄にブログの情報を記入し「Get Widget!」をクリックします。
    seesaawidget1.jpg

    • Email: 自分のメールアドレスを入力します。
    • Blog Link: ブログのURLを指定。ここで指定したブログの関連記事が表示されます。
    • Platform: Seesaaブログの場合は「Other」を選択します。
    • Width: 何列表示にさせるかを選択します(3列、4列、5列)。※記事の横幅に合わせて自動的に stories数を選択してくれるので、5 storiesを選択しておきます。
    • My blog has light text on a dark background: ブログの背景色を暗い色を使用している場合、チェックを入れると明るい文字の色で表示されます。

  2. リンク用コードが表示されるのでコピーします。
    seesaawidget2.jpg
  3. 最初に登録したWidth数を変更するには、登録時と同じメールアドレス、ブログURL、プラットフォーム「Other」を入力し、Widthで新しい値を選択して「Get Widget!」をクリックすれば変更できます。

コードをブログの「記事」HTMLに貼り付け
リンク用コードの貼り付け位置はブログの<body>内であればどこでもOKです。表示位置を指定しなければ、関連記事は記事直下に表示されます。以下は「記事」HTMLに貼り付けるときの手順です。
  1. 「デザイン」→「コンテンツ」→ブログパーツの「記事」をクリックします。
  2. 「コンテンツHTML編集」をクリックしてソースを表示します。
  3. コードに見出しの日本語表示(赤字部分)を追加して、任意の場所に貼り付けます。(例:文末の<% content.footer -%>の後など)
    <script>
    var linkwithin_site_id = xxxxxxx;
    var linkwithin_text= "こんな記事も読まれています:";
    </script>
    <script src="http://www.linkwithin.com/widget.js"></script>
    <a href="http://www.linkwithin.com/"><img src="http://www.linkwithin.com/pixel.png" alt="Related Posts Plugin for WordPress, Blogger..." style="border: 0" /></a>

  4. 保存して完了です。以下のように記事直下に関連記事が表示されます。
    seesaawidget3.jpg

表示のカスタマイズ 〜(参考URL)Linkwithin:カスタマイズ
  1. 関連記事を指定した場所に表示する
    特に指定しなければ、関連記事は記事直下に表示されますが、指定した場所に表示したい場合はその場所に下記のタグを設置します。
    <div class="linkwithin_div"></div>
  2. 記事ページにのみ関連記事を表示する
    indexページ、カテゴリページ、過去ログページなどの1記事目に関連記事を表示したくない場合は、以下のようにリンク用コードをif文で括ります。
    <% if:page_name eq "article" -%>
     リンク用コードの上下にif文を追加
    <% /if -%>
  3. 文字サイズやレイアウトの微調整を行う
    文字サイズやレイアウトの微調整などを行うにはスタイルシートで行います。リンク用コードの下に続けて<Style>を設定します。
    <style>
    .linkwithin_text{font-size:20px;} /* 見出し文字の大きさ */
    .linkwithin_posts{margin-top:-10px!important;} /* 見出しと記事の間隔を調整 */
    .linkwithin_posts a{padding:15px!important;} /* 記事間の余白の調整 */
    .linkwithin_inner{width:100%!important;} /* 記事幅一杯に表示 */
    </style>
    ※15pxで「記事間の余白の調整」を行うと3記事+1記事の2列表示になりますが「記事幅一杯に表示」を追加することで4記事の1列表示に収まります。
    【調整前】
    seesaawidget6.jpg
    【調整後】
    seesaawidget7.jpg

  4. 記事の表示領域の調整
    記事の表示領域には「サムネイル画像+記事タイトル4行」の領域が取られていますが、表示領域の高さを調整し、記事タイトル2行に収め下部の余白を詰めます。
    <style>
    .linkwithin_posts{height:143px;overflow:hidden;}
    </style>
    seesaawidget9.jpg

  5. 記事のタイトルを画像に重ねる
    サムネイル下に表示される記事タイトルを画像に重ねて表示します。背景をベタ塗りでなく半透明にしたい場合は「background:#202020;」を「background-color:rgba(32,32,32,0.5);」に変更、RGB値の「32」は16進数「20」を10進数に変換した値です。
    <style>
    .linkwithin_title_0{margin-top:-28px!important;background:#202020;color:#ffffff!important;}
    .linkwithin_posts{height:112px;overflow:hidden;}
    </style>
    seesaawidget5.jpg
    【半透過】「background-color:rgba(32,32,32,0.5);」
    seesaawidget8.jpg

  6. 2段表示にする
    LinkWithinは記事幅に応じて配信記事数を決定しているので、スタイルシートで横幅を強制的に縮小して指定すれば2列表示も可能です。但し「記事タイトルの表示領域の調整」「画像に記事を重ねる」表示の場合は、2列表示にはならず1列2記事表示になります。
    <style>
    .linkwithin_inner{width:250px!important;}
    </style>
    seesaawidget4.jpg
posted by 趣味の園芸 at 14:29 | ブログカスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

タグクラウドの項目ソートと文字サイズの変更(seesaaブログ)

seesaaブログのタグクラウドは、タグの文字が大きすぎたり、多すぎたりして、レイアウトに合わない場合があります。標準では、文字コード順にタグが並び、タグの登録記事数に応じて文字の大きさが変更されるようになっています。これを登録記事の多い順に並べ替えて、かつ登録記事数をカッコ書きで表示します。

また、文字サイズは、Seesaaの内部で計算して指定しているため、文字サイズの変更が効きませんが、この内部関数にパラメータを与えてやれば、文字サイズを簡単に変更することができるので、その方法を紹介します。

【変更手順】
【変更前(デフォルト)】→seesaatag3.gif【登録記事数追加】→seesaatag4.gif【記事数の多い順に並べ替え】→seesaatag5.gif
【文字サイズの変更】→seesaatag6.gif【単語の途中で改行しない】seesaatag7.gif 
【変更方法】

登録記事数追加
  1. 「デザイン」→「PC」→「コンテンツ」→ブログパーツの「タグクラウド」をクリックします。
  2. 「コンテンツHTML編集」をクリックしてソースを表示します。
  3. 下のソースコードの中に、下段のように赤字部分を追加します。
    <% loop:list_tags -%><a href="<% blog.tag_url(tag) %>" class="_tag" title="<% tag.word | html %>/<% count %>"><% tag.word | html %></a> <% /loop -%>
    <% loop:list_tags -%><a href="<% blog.tag_url(tag) %>" class="_tag" title="<% tag.word | html %>/<% count %>"><% tag.word | html %>(<% count %>)</a> <% /loop -%>
  4. 保存して完了です。

記事数の多い順に並べ替え(ソート)
seesaaブログのタグクラウドは、「 <a style="font-size:内部計算されたpx値" class="_tag" title="タグ名/登録記事数" href="タグurl">タグ名</a> 」の形式で class属性「_tag」、title属性「タグ名/登録記事数」で記述されています。seesaaブログ以外で下記ソースコードを利用する場合は、そのブログのclass属性に合わせ、title属性からの登録記事数抽出のソースコードの変更が必要です。
  1. 「デザイン」→「PC」→「コンテンツ」→ブログパーツの「タグクラウド」をクリックします。
  2. 「コンテンツHTML編集」をクリックしてソースを表示します。
  3. <script type="text/javascript" language="javascript"><!--
    tag_cloud("tag_cloud_<% content.id %>");
     < ここに下記ソースコードを挿入 >
    --></script>
    /* タグクラウドの項目ソート by 菊池さんの工作室(2015.1.20) */
    function tag_cloud_sort(id) {
    var parent, child, a, c, e, i, tmp = "", tags = new Array();
    parent = document.getElementById(id); //指定idの要素取得
    child = parent.getElementsByTagName('a'); //指定idのAタグ要素の全取得
    for (i = 0; i < child.length; i++) {
    e = child.item(i); //Aタグ要素
    if (e.id == 'tag' || e.className == '_tag') {
    a = e.outerHTML; //AタグのHTML文
    c = parseInt(e.title.split('/').pop()); //登録記事数抽出
    tags.push([a,c]);
    }
    }
    //二次元配列 tags[a,c] を2列目(col=1)で降順ソート
    xsort(tags,1,-1);
    //並べ替え後のHTML文生成
    for (i = 0; i < tags.length; i++) {tmp += tags[i][0] + " ";}
    parent.innerHTML = tmp;
    } //end of tag_cloud_sort
    function xsort(sqs,col,order) {
    //sqs:配列、col:並べ替えの対象となる列、order:1=昇順 -1=降順
    sqs.sort(function(a,b){ return((a[col]-b[col])*order); });
    return(sqs);
    } //end of xsort
    //降順並べ替えの実行
    tag_cloud_sort("tag_cloud_<% content.id %>");
  4. 保存して完了です。

文字サイズの変更
  1. タグクラウドのブログパーツで使われている seesaa内部関数 tag_cloud()は、tag_cloud ( id, レベル, 最小文字サイズ ) と文字サイズ計算に係るパラメーターが指定できるようになっています。
  2. 「レベル」は、文字サイズを計算する際の、最大文字サイズのリミッターのようなもので、値が小さいほど最大文字が小さくなり、指定しないと「15」が設定されます。「最小文字サイズ」は、最小の文字の大きさ(px値)で、これ以下には小さくなりません。指定しないと「11」が設定されます。この内部関数のパラメーターを利用して、文字の大きさを変更します。
  3. 「登録記事数追加」と同じソースの数行下に「tag_cloud("tag_cloud_<% content.id %>");」文がありますので、下記のようにパラメーターを追加します。
    tag_cloud("tag_cloud_<% content.id %>");
      ↓
    tag_cloud("tag_cloud_<% content.id %>",5,10);
  4. 4.保存して完了です。

単語の途中で改行しないように変更
  1. 「登録記事数追加」と同じソース行の中に、赤字部分を追加します。
    <% loop:list_tags -%><a href="<% blog.tag_url(tag) %>" class="_tag" title="<% tag.word | html %>/<% count %>"><nobr><% tag.word | html %>(<% count %>)</nobr></a> <% /loop -%>
  2. 保存して完了です。
posted by 趣味の園芸 at 20:41 | ブログカスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。